沪江

日本谚语:立つ鳥跡を濁さず

Shelter 译 2018-12-23 06:00

立つ鳥跡を濁さず

善始善终

【読み】たつとりあとをにごさず

【读音】たつとりあとをにごさず

【意味】立つ鳥跡を濁さずとは、立ち去るものは、見苦しくないようきれいに始末をしていくべきという戒め。また、引き際は美しくあるべきだということ。

【意思】善始善终是,告诫离去的人,尽量不要留下烂摊子做好最后的工作;也指离去的时候尽量干净利落。

【注釈】水鳥が飛び立ったあとの水辺は、濁ることなく清く澄んだままであることからいう。

【注释】原本是说水鸟从水边飞走时,水不见浑浊,仍清澈无比。

ここでの「立つ」は、「飛び上がって去る」という意味。

这里的“立”,是“飞走”的意思

「立つ鳥跡を汚さず」ともいう。 

也可以说成“立つ鳥跡を汚さず”

【類義】鷺は立ちての跡を濁さず/飛ぶ鳥跡を濁さず/  鳥は立て ども 跡 を濁さず

【同义词】鷺は立ちての跡を濁さず/飛ぶ鳥跡を濁さず/鳥は立てども跡を濁さず

【英語】It is foolish bird that defiles its own nest.(巣を汚す鳥は愚かだ)

【英語】It is foolish bird that defiles its own nest.(把自己的巢弄乱的鸟是愚蠢的)

【用例】「立つ鳥跡を濁さずというように、部活最後の日は部室を綺麗に片付けて、気持ちよく卒業したいと思っている」

【例句】让我们善始善终,社团活动室收拾得干干净净,怀着好心情毕业。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

相关阅读推荐:和中国谚语有异曲同工之妙的五句日本谚语

相关热点: 日语词汇 实用 会话篇
展开剩余