日语文学作品赏析《蛙》
自分の今寝ころんでゐる側(わき)に、古い池があつて、そこに蛙(かへる)が沢山(たくさん)ゐる。 池のまはりには、一面に芦(あし)や蒲(がま)が茂つてゐる。その芦(あし)や蒲(がま)の向うには、背...
日语文学作品赏析《年末の一日》
………僕は何でも雑木の生えた、寂しい崖(がけ)の上を歩いて行った。崖の下はすぐに沼になっていた。その又沼の岸寄りには水鳥が二羽泳いでいた。どちらも薄い苔(こけ)の生えた石の色に近い水鳥だった。...
日语文学作品赏析《着物》
こんな夢を見た。 何でも料理屋か何からしい。広い座敷に一ぱいに大ぜい人が坐つてゐる。それが皆思ひ思ひに洋服や和服を着用してゐる。 着用してゐるばかりぢやない。互に他人の着物を眺めては、勝手な品評...
日语文学作品赏析《追憶》
一 埃 僕の記憶の始まりは数え年の四つの時のことである。と言ってもたいした記憶ではない。ただ広さんという大工が一人、梯子(はしご)か何かに乗ったまま玄能で天井を叩(たた)いている、天井からは...
日语文学作品赏析《鼻》
禅智内供(ぜんちないぐ)の鼻と云えば、池(いけ)の尾(お)で知らない者はない。長さは五六寸あって上唇(うわくちびる)の上から顋(あご)の下まで下っている。形は元も先も同じように太い。云わば細長...
查看更多
日语文学作品赏析《小説の読者》
僕の経験するところによれば、今の小説の読者といふものは、大抵(たいてい)はその小説の筋を読んでゐる。その次ぎには、その小説の中に描(か)かれた生活に憧憬(しようけい)を持つてゐる。これには時々...
日语文学作品赏析《合理的、同時に多量の人間味 相互印象・菊池氏》
菊池は生き方が何時も徹底している。中途半端のところにこだわっていない。彼自身の正しいと思うところを、ぐん/\実行にうつして行く。その信念は合理的であると共に、必らず多量の人間味を含んでいる。そ...
日语文学作品赏析《小説の戯曲化》
売文に関する法律は不備を極めてゐるやうである。たとへば或雑誌社に若干枚の短篇を一つ渡し、若干円を貰つたとする。その時その若干金は小説そのものだけを売つた金か、それとも小説の書いてある若干枚の原...
日语文学作品赏析《露譯短篇集の序》
わたしの作品がロシア語に飜譯されると云ふことは勿論甚だ愉快です。近代の外國文藝中、ロシア文藝ほど日本の作家に、――と云ふよりも寧ろ日本の讀書階級に影響を與へたものはありません。日本の古典を知ら...
日语文学作品赏析《校正後に》
○僕はこれからも今月のと同じような材料を使って創作するつもりである。あれを単なる歴史小説の仲間入をさせられてはたまらない。もちろん今のがたいしたものだとは思わないが。そのうちにもう少しどうにかで...
查看更多
难解的罗生门:走进文豪芥川龙之介
罗生门,指某一事件的当事人各执一词,使事件的真相扑朔迷离。这个词及词义得以传播到如今广为人知的地步,很大程度上得益于黑泽明导演的电影《罗生门》。而芥川龙之介的罗生门又是如何?
青之文学系列——地狱变6-15
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。地狱变壁画最后如期完成,良秀也倒在了完工的陵墓中。 注:全文听写~ &nbs
青之文学系列——地狱变6-14
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
青之文学系列——地狱变6-13
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
青之文学系列——地狱变6-12
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
查看更多
日本一男子一次偷窃70本漫画书
日本是漫画大国,漫画在日本人的生活消费中占很大的比重。这也让人因此动了歪脑筋,据日本NHK报道,14日,日本警方抓获了一名以偷漫画书为生的男子,该男子曾在一天之内一下偷走了70本漫画书。
2004年日语能力考试3级真题听力11
关键词:留守 引き出し昨日、留守の間に、泥棒に入られたんです。買ったばかりのテレビはぬすまれなかったし、引き出しにいれてあったお金もそのままだ…昨天不在家的时候小偷进来了。刚买的电视机没被偷,放在...
日语文学作品赏析《偸盗》(5)
九 翌日、猪熊のある家で、むごたらしく殺された女の死骸が発見された。年の若い、肥(ふと)った、うつくしい女で、傷の様子では、よほどはげしく抵抗したものらしい。証拠ともなるべきも...
日语文学作品赏析《偸盗》(4)
七 次郎は、二人の侍と三頭の犬とを相手にして、血にまみれた太刀(たち)をふるいながら、小路(こうじ)を南へ二三町、下るともなく下って来た。今は沙金(しゃきん)の 安否を気づかっている...
日语文学作品赏析《偸盗》(3)
五 白い布をかかげて、家の中に一足ふみこんだ太郎は、意外な光景に驚かされた。―― 見ると、広くもない部屋(へや)の中には、廚(くりや)へ通う遣戸(やりど)が一枚、斜めに網代...
查看更多