日语文学作品赏析《沼地》
ある雨の降る日の午後であった。私(わたくし)はある絵画展覧会場の一室で、小さな油絵を一枚発見した。発見――と云うと大袈裟(おおげさ)だが、実際そう云っても差支えないほど、この画だけは思い切って...
日语文学作品赏析《忘れられぬ印象》
伊香保(いかほ)の事を書けと云ふ命令である。が、遺憾(ゐかん)ながら伊香保へは、高等学校時代に友だちと二人(ふたり)で、赤城山(あかぎさん)と妙義山(めうぎさん)へ登つた序(ついで)に、ちよい...
日语文学作品赏析《近藤浩一路氏》
近藤君は漫画家として有名であった。今は正道を踏んだ日本画家としても有名である。 が、これは偶然ではない。漫画には落想の滑稽な漫画がある。画そのものの滑稽な漫画がある。或は二者を兼ねた漫画がある。...
日语文学作品赏析《尾生の信》
尾生(びせい)は橋の下に佇(たたず)んで、さっきから女の来るのを待っている。 見上げると、高い石の橋欄(きょうらん)には、蔦蘿(つたかずら)が半ば這(は)いかかって、時々その間を通りすぎる往来の...
日语文学作品赏析《谷崎潤一郎氏》
僕は或初夏の午後、谷崎氏と神田をひやかしに出かけた。谷崎氏はその日も黒背広に赤い襟飾りを結んでゐた。僕はこの壮大なる襟飾りに、象徴せられたるロマンティシズムを感じた。尤もこれは僕ばかりではない...
查看更多
日语文学作品赏析《病牀雑記》
一、病中閑(かん)なるを幸ひ、諸雑誌の小説を十五篇ばかり読む。滝井(たきゐ)君の「ゲテモノ」同君の作中にても一頭地(いつとうち)を抜ける出来栄(ば)えなり。親父(おやぢ)にも、倅(せがれ)にも...
日语文学作品赏析《文部省の仮名遣改定案について》
我文部省の仮名遣改定案は既に山田孝雄(よしお)氏の痛撃を加へたる所なり。(雑誌「明星」二月号参照)山田氏の痛撃たる、尋常一様の痛撃にあらず。その当に破るべきを破つて寸毫の遺憾を止めざるは殆どサ...
日语文学作品赏析《合理的、同時に多量の人間味 相互印象・菊池氏》
菊池は生き方が何時も徹底している。中途半端のところにこだわっていない。彼自身の正しいと思うところを、ぐん/\実行にうつして行く。その信念は合理的であると共に、必らず多量の人間味を含んでいる。そ...
日语文学作品赏析《一つの作が出来上るまで 「枯野抄」――「奉教人の死」》
或る一つの作品を書かうと思つて、それが色々の径路を辿(たど)つてから出来上がる場合と、直ぐ初めの計画通りに書き上がる場合とがある。例へば最初は土瓶(どびん)を書かうと思つてゐて、それが何時(い...
日语文学作品赏析《僕の友だち二三人》
1 小穴隆一(をあなりゆういち)君(特に「君」の字をつけるのも可笑(をか)しい位である)は僕よりも年少である。が、小穴君の仕事は凡庸(ぼんよう)ではない。若し僕の名も残るとすれ...
查看更多
日语文学作品赏析《侏儒の言葉》(5)
又 今日の支那の最大の悲劇は無数の国家的羅曼(ローマン)主義者即ち「若き支那」の為に鉄の如き訓練を与えるに足る一人のムッソリニもいないことである。 小説 本当らしい小説とは単...
日语文学作品赏析《侏儒の言葉》(4)
「虹霓関」を見て 男の女を猟するのではない。女の男を猟するのである。――ショウは「人と超人と」の中にこの事実を戯曲化した。しかしこれを戯曲化したものは必しもショウにはじまるのではな...
日语文学作品赏析《侏儒の言葉》(3)
瑣事 人生を幸福にする為には、日常の瑣事(さじ)を愛さなければならぬ。雲の光り、竹の戦(そよ)ぎ、群雀(むらすずめ)の声、行人の顔、――あらゆる日常の瑣事の中に無上の甘露味を感じな...
日语文学作品赏析《侏儒の言葉》(2)
告白 完全に自己を告白することは何人にも出来ることではない。同時に又自己を告白せずには如何なる表現も出来るものではない。 ルツソオは告白を好んだ人である。しかし赤裸々の彼...
日语文学作品赏析《「侏儒の言葉」の序》
「侏儒の言葉」は必しもわたしの思想を傳へるものではない。唯わたしの思想の變化を時々窺はせるのに過ぎぬものである。一本の草よりも一すぢの蔓草(つるくさ)、――しかもその蔓草は幾すぢも蔓を伸ば...
查看更多
难解的罗生门:走进文豪芥川龙之介
罗生门,指某一事件的当事人各执一词,使事件的真相扑朔迷离。这个词及词义得以传播到如今广为人知的地步,很大程度上得益于黑泽明导演的电影《罗生门》。而芥川龙之介的罗生门又是如何?
青之文学系列——地狱变6-15
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。地狱变壁画最后如期完成,良秀也倒在了完工的陵墓中。 注:全文听写~ &nbs
青之文学系列——地狱变6-14
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
青之文学系列——地狱变6-13
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
青之文学系列——地狱变6-12
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
查看更多
日本一男子一次偷窃70本漫画书
日本是漫画大国,漫画在日本人的生活消费中占很大的比重。这也让人因此动了歪脑筋,据日本NHK报道,14日,日本警方抓获了一名以偷漫画书为生的男子,该男子曾在一天之内一下偷走了70本漫画书。
2004年日语能力考试3级真题听力11
关键词:留守 引き出し昨日、留守の間に、泥棒に入られたんです。買ったばかりのテレビはぬすまれなかったし、引き出しにいれてあったお金もそのままだ…昨天不在家的时候小偷进来了。刚买的电视机没被偷,放在...
日语文学作品赏析《偸盗》(5)
九 翌日、猪熊のある家で、むごたらしく殺された女の死骸が発見された。年の若い、肥(ふと)った、うつくしい女で、傷の様子では、よほどはげしく抵抗したものらしい。証拠ともなるべきも...
日语文学作品赏析《偸盗》(4)
七 次郎は、二人の侍と三頭の犬とを相手にして、血にまみれた太刀(たち)をふるいながら、小路(こうじ)を南へ二三町、下るともなく下って来た。今は沙金(しゃきん)の 安否を気づかっている...
日语文学作品赏析《偸盗》(3)
五 白い布をかかげて、家の中に一足ふみこんだ太郎は、意外な光景に驚かされた。―― 見ると、広くもない部屋(へや)の中には、廚(くりや)へ通う遣戸(やりど)が一枚、斜めに網代...
查看更多