日语文学作品赏析《芋粥》
元慶(ぐわんぎやう)の末か、仁和(にんな)の始にあつた話であらう。どちらにしても時代はさして、この話に大事な役を、勤めてゐない。読者は唯、平安朝と云ふ、遠い昔が背景になつてゐると云ふ事を、知つ...
日语文学作品赏析《久米正雄氏の事》
久米は官能の鋭敏な田舎者です。 書くものばかりじゃありません。実生活上の趣味でも田舎者らしい所は沢山あります。それでいて官能だけは、好い加減な都会人より遥に鋭敏に出来上っています。嘘だと思ったら...
日语文学作品赏析《田端人》
この度は田端(たばた)の人々を書かん。こは必ずしも交友ならず。寧(むし)ろ僕の師友なりと言ふべし。 下島勲(しもじまいさを) 下島先生はお医者なり。僕の一家は常に先生の御厄介(ごやくかい)になる...
日语文学作品赏析《創作》
僕に小説をかけと云ふのかね。書けるのなら、とうに書いてゐるさ。が、書けない。遺憾ながら、職業に逐はれてペンをとる暇(ひま)がない。そこで、人に話す、その人が、それを小説に書く。僕が材料を提供し...
日语文学作品赏析《近頃の幽霊》
西洋の幽霊(いうれい)――西洋と云つても英米だけだが、その英米の小説に出て来る、近頃の幽霊の話でも少ししませう。少し古い所から勘定(かんぢやう)すると、英吉利(イギリス)には名高い「オトラント...
查看更多
日语文学作品赏析《或旧友へ送る手記》
誰もまだ自殺者自身の心理をありのままに書いたものはない。それは自殺者の自尊心や或は彼自身に対する心理的興味の不足によるものであらう。僕は君に送る最後の手紙の中に、はつきりこの心理を伝へたいと思...
日语文学作品赏析《僕の友だち二三人》
1 小穴隆一(をあなりゆういち)君(特に「君」の字をつけるのも可笑(をか)しい位である)は僕よりも年少である。が、小穴君の仕事は凡庸(ぼんよう)ではない。若し僕の名も残るとすれ...
日语文学作品赏析《プロレタリア文学論》
こゝではプロレタリア文学の悪口をいふのではない。これを弁護しやうと思ふ。しかし私は一般にブルヂヨア作家と目されてゐる所より、お前などが弁護する必要がないといはれるかも知れない。 プロレタリア文学...
日语文学作品赏析《或敵打の話》
発端 肥後(ひご)の細川家(ほそかわけ)の家中(かちゅう)に、田岡甚太夫(たおかじんだゆう)と云う侍(さむらい)がいた。これは以前日向(ひゅうが)の伊藤家の浪人であったが、当時細川家の番頭(...
日语文学作品赏析《東京に生れて》
変化の激しい都会 僕に東京の印象を話せといふのは無理である。何故といへば、或る印象を得るためには、印象するものと、印象されるものとの間に、或る新鮮さがなければならない。ところが、僕は東...
查看更多
难解的罗生门:走进文豪芥川龙之介
罗生门,指某一事件的当事人各执一词,使事件的真相扑朔迷离。这个词及词义得以传播到如今广为人知的地步,很大程度上得益于黑泽明导演的电影《罗生门》。而芥川龙之介的罗生门又是如何?
青之文学系列——地狱变6-15
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。地狱变壁画最后如期完成,良秀也倒在了完工的陵墓中。 注:全文听写~ &nbs
青之文学系列——地狱变6-14
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
青之文学系列——地狱变6-13
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
青之文学系列——地狱变6-12
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
查看更多
日本一男子一次偷窃70本漫画书
日本是漫画大国,漫画在日本人的生活消费中占很大的比重。这也让人因此动了歪脑筋,据日本NHK报道,14日,日本警方抓获了一名以偷漫画书为生的男子,该男子曾在一天之内一下偷走了70本漫画书。
2004年日语能力考试3级真题听力11
关键词:留守 引き出し昨日、留守の間に、泥棒に入られたんです。買ったばかりのテレビはぬすまれなかったし、引き出しにいれてあったお金もそのままだ…昨天不在家的时候小偷进来了。刚买的电视机没被偷,放在...
日语文学作品赏析《偸盗》(5)
九 翌日、猪熊のある家で、むごたらしく殺された女の死骸が発見された。年の若い、肥(ふと)った、うつくしい女で、傷の様子では、よほどはげしく抵抗したものらしい。証拠ともなるべきも...
日语文学作品赏析《偸盗》(4)
七 次郎は、二人の侍と三頭の犬とを相手にして、血にまみれた太刀(たち)をふるいながら、小路(こうじ)を南へ二三町、下るともなく下って来た。今は沙金(しゃきん)の 安否を気づかっている...
日语文学作品赏析《偸盗》(3)
五 白い布をかかげて、家の中に一足ふみこんだ太郎は、意外な光景に驚かされた。―― 見ると、広くもない部屋(へや)の中には、廚(くりや)へ通う遣戸(やりど)が一枚、斜めに網代...
查看更多