日语文学作品赏析《尼提》
舎衛城(しゃえいじょう)は人口の多い都である。が、城の面積は人口の多い割に広くはない。従ってまた厠溷(しこん)も多くはない。城中の人々はそのためにたいていはわざわざ城外へ出、大小便をすることに...
日语文学作品赏析《かちかち山》
童話時代のうす明りの中に、一人の老人と一頭の兎(うさぎ)とは、舌切雀(したきりすずめ)のかすかな羽音を聞きながら、しづかに老人の妻の死をなげいてゐる。とほくに懶(ものう)い響を立ててゐるのは、...
日语文学作品赏析《MENSURA ZOILI》
僕は、船のサルーンのまん中に、テーブルをへだてて、妙な男と向いあっている。―― 待ってくれ給え。その船のサルーンと云うのも、実はあまり確かでない。部屋の具合とか窓の外の海とか云うもので、やっとそ...
日语文学作品赏析《教訓談》
あなたはこんな話を聞いたことがありますか? 人間が人間の肉を食つた話を。いえ、ロシヤの飢饉(ききん)の話ではありません。日本の話、――ずつと昔の日本の話です。食つたのは爺(ぢい)さんですし、食は...
日语文学作品赏析《恒藤恭氏》
恒藤恭は一高時代の親友なり。寄宿舎も同じ中寮の三番室に一年の間居りし事あり。当時の恒藤もまだ法科にはいらず。一部の乙組即ち英文科の生徒なりき。 恒藤は朝六時頃起き、午の休みには昼寝をし、夜は十一...
查看更多
日语文学作品赏析《続澄江堂雑記》
一 夏目先生の書 僕にも時々夏目(なつめ)先生の書を鑑定(かんてい)してくれろと言ふ人がある。が、僕の眼光ではどうも判然とは鑑定出来ない、唯まつ赤な贋(に)せものだけはおのづから正体(しやう...
日语文学作品赏析《病中雑記》
一 毎年一二月の間(かん)になれば、胃を損じ、腸を害し、更に神経性狭心症(けふしんしやう)に罹(かか)り、鬱々として日を暮らすこと多し。今年(ことし)も亦(また)その例に洩(も)れず。ぼんやり置...
日语文学作品赏析《続西方の人》
1 再びこの人を見よ クリストは「万人の鏡」である。「万人の鏡」と云ふ意味は万人のクリストに傚(なら)へと云ふのではない。たつた一人のクリストの中に万人の彼等自身を発見するからである。わたし...
日语文学作品赏析《一つの作が出来上るまで 「枯野抄」――「奉教人の死」》
或る一つの作品を書かうと思つて、それが色々の径路を辿(たど)つてから出来上がる場合と、直ぐ初めの計画通りに書き上がる場合とがある。例へば最初は土瓶(どびん)を書かうと思つてゐて、それが何時(い...
日语文学作品赏析《装幀に就いての私の意見》
日本のやうに機械の利用出来ぬ処では十分な事は出来ないでせうが、兎に角もつと美しい装幀の本が出て好いと思ひます。装幀者、印刷工、出版書肆に人を得れば、必しも通常の装幀費以上に多分の金を使はずとも...
查看更多
难解的罗生门:走进文豪芥川龙之介
罗生门,指某一事件的当事人各执一词,使事件的真相扑朔迷离。这个词及词义得以传播到如今广为人知的地步,很大程度上得益于黑泽明导演的电影《罗生门》。而芥川龙之介的罗生门又是如何?
青之文学系列——地狱变6-15
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。地狱变壁画最后如期完成,良秀也倒在了完工的陵墓中。 注:全文听写~ &nbs
青之文学系列——地狱变6-14
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
青之文学系列——地狱变6-13
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
青之文学系列——地狱变6-12
画师良秀把艺术看得高于一切,但他因为臣服于国王而不得不画赞美贵族的违心画。良秀为精进画艺,曾在路边素描因为瘟疫而被国王下令杀死的无辜的百姓尸体。骄奢淫逸的国王敕命良秀替自己的陵墓画上举国昌盛的图样,但良秀看到的这个国家只有民生疾苦,他决定画一幅“地狱变”的图画。
查看更多
日本一男子一次偷窃70本漫画书
日本是漫画大国,漫画在日本人的生活消费中占很大的比重。这也让人因此动了歪脑筋,据日本NHK报道,14日,日本警方抓获了一名以偷漫画书为生的男子,该男子曾在一天之内一下偷走了70本漫画书。
2004年日语能力考试3级真题听力11
关键词:留守 引き出し昨日、留守の間に、泥棒に入られたんです。買ったばかりのテレビはぬすまれなかったし、引き出しにいれてあったお金もそのままだ…昨天不在家的时候小偷进来了。刚买的电视机没被偷,放在...
日语文学作品赏析《偸盗》(5)
九 翌日、猪熊のある家で、むごたらしく殺された女の死骸が発見された。年の若い、肥(ふと)った、うつくしい女で、傷の様子では、よほどはげしく抵抗したものらしい。証拠ともなるべきも...
日语文学作品赏析《偸盗》(4)
七 次郎は、二人の侍と三頭の犬とを相手にして、血にまみれた太刀(たち)をふるいながら、小路(こうじ)を南へ二三町、下るともなく下って来た。今は沙金(しゃきん)の 安否を気づかっている...
日语文学作品赏析《偸盗》(3)
五 白い布をかかげて、家の中に一足ふみこんだ太郎は、意外な光景に驚かされた。―― 見ると、広くもない部屋(へや)の中には、廚(くりや)へ通う遣戸(やりど)が一枚、斜めに網代...
查看更多