日语文学作品赏析《『三四郎』予告》
田舎(ゐなか)の高等学校を卒業して東京の大学に這入(はい)つた三四郎が新しい空気に触れる、さうして同輩だの先輩だの若い女だのに接触して色々に動いて来る、手間(てま)は此(この)空気のうちに是等...
日语文学作品赏析《『心』自序》
『心』は大正三年四月から八月にわたつて東京大阪両朝日へ同時に掲載された小説である。 当時の予告には数種の短篇を合してそれに『心』といふ標題を冠らせる積(〔つもり〕)だと読者に断わつたのであるが、...
日语文学作品赏析《『心』広告文》
自己の心を捕へんと欲する人々に、人間の心を捕へ得たる此作物を奨む。 声明:本文内容均来自青空文库,仅供学习使用。"沪江网"高度重视知识产权保护。当如发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权...
日语文学作品赏析《岡本一平著並画『探訪画趣』序》
私は朝日新聞に出るあなたの描いた漫画に多大な興味を有(も)っている一人であります。いつか社の鎌田君に其話をして、あれなりにして捨ててしまうのは惜しいものだ、今のうちに纏(まと)めて出版したら可...
日语文学作品赏析《猫の広告文》
吾輩は猫である。名前はまだない。主人は教師である。迷亭は美学者、寒月は理学者、いづれも当代の変人、太平の逸民である。吾輩は幸にして此諸先生の知遇を辱(〔かたじけの〕)ふするを得てこゝに其平生を...
日语文学作品赏析《木下杢太郎著『唐草表紙』序》
私は貴方(あなた)から送って下さった校正刷五百八十頁(ページ)を今日漸(ようや)く読み了(おわ)りました。漸くというと厭々(いやいや)読んだように聞こえるかも知れませんが、決してそんな訳ではな...
日语文学作品赏析《『吾輩は猫である』中篇自序》
「猫」の稿を継(つ)ぐときには、大抵初篇と同じ程な枚数に筆を擱(お)いて、上下二冊の単行本にしようと思って居た。所が何かの都合で頁(ページ)が少し延びたので書肆(しょし)は上中下にしたいと申出た...
日语文学作品赏析《『吾輩は猫である』上篇自序》
「吾輩は猫である」は雑誌ホトトギスに連載した続き物である。固(もと)より纏(まとま)った話の筋を読ませる普通の小説ではないから、どこで切って一冊としても興味の上に於(おい)て左(さ)したる影響の...
日语文学作品赏析《『吾輩は猫である』下篇自序》
「猫」の下巻を活字に植えて見たら頁(ページ)が足りないから、もう少し書き足してくれと云う。書肆(しょし)は「猫」を以(もっ)て伸縮自在と心得て居るらしい。いくら猫でも一旦(いったん)甕(かめ)へ...
日语文学作品赏析《『煤煙』の序》
「煤煙(ばいえん)」が朝日新聞に出て有名になつてから後(のち)間もなくの話であるが、著者は夫(それ)を単行本として再び世間に公けにする計画をした。書肆(しよし)も無論賛成で既に印刷に回して活字に...
loading...