日语文学作品赏析《文士の生活》
私が巨万の富を蓄えたとか、立派な家を建てたとか、土地家屋を売買して金を儲(もう)けて居るとか、種々な噂(うわさ)が世間にあるようだが、皆嘘(うそ)だ。 巨万の富を蓄えたなら、第一こんな穢(きたな...
日语文学作品赏析《道楽と職業》
ただいまは牧君の満洲問題――満洲の過去と満洲の未来というような問題について、大変条理の明かな、そうして秩序のよい演説がありました。そこで牧君の披露に依ると、そのあとへ出る私は一段と面白い話をす...
日语文学作品赏析《二百十日》
一 ぶらりと両手を垂(さ)げたまま、圭(けい)さんがどこからか帰って来る。「どこへ行ったね」「ちょっと、町を歩行(ある)いて来た」「何か観(み)るものがあるかい」「寺が一軒あった」「それ...
日语文学作品赏析《明暗》
一 医者は探(さぐ)りを入れた後(あと)で、手術台の上から津田(つだ)を下(おろ)した。「やっぱり穴が腸まで続いているんでした。この前(まえ)探(さぐ)った時は、途中に瘢痕(はんこん)の...
日语文学作品赏析《私の個人主義》
――大正三年十一月二十五日学習院輔仁会において述―― 私は今日初めてこの学習院というものの中に這入(はい)りました。もっとも以前から学習院は多分この見当だろうぐらいに考えていたには相違(そう...
查看更多
日语文学作品赏析《岡本一平著並画『探訪画趣』序》
私は朝日新聞に出るあなたの描いた漫画に多大な興味を有(も)っている一人であります。いつか社の鎌田君に其話をして、あれなりにして捨ててしまうのは惜しいものだ、今のうちに纏(まと)めて出版したら可...
日语文学作品赏析《猫の広告文》
吾輩は猫である。名前はまだない。主人は教師である。迷亭は美学者、寒月は理学者、いづれも当代の変人、太平の逸民である。吾輩は幸にして此諸先生の知遇を辱(〔かたじけの〕)ふするを得てこゝに其平生を...
日语文学作品赏析《『傳説の時代』序》
私はあなたが家事の暇を偸(ぬす)んで『傳説の時代』をとう/\仕舞(しまひ)迄(まで)譯し上げた忍耐と努力に少からず感服して居ります。書物になつて出ると餘程(よほど)の頁數になるさうですが嘸(さ...
日语文学作品赏析《木下杢太郎著『唐草表紙』序》
私は貴方(あなた)から送って下さった校正刷五百八十頁(ページ)を今日漸(ようや)く読み了(おわ)りました。漸くというと厭々(いやいや)読んだように聞こえるかも知れませんが、決してそんな訳ではな...
日语文学作品赏析《『吾輩は猫である』中篇自序》
「猫」の稿を継(つ)ぐときには、大抵初篇と同じ程な枚数に筆を擱(お)いて、上下二冊の単行本にしようと思って居た。所が何かの都合で頁(ページ)が少し延びたので書肆(しょし)は上中下にしたいと申出た...
查看更多
日语文学作品赏析《坊っちゃん》(5)
九 うらなり君の送別会のあるという日の朝、学校へ出たら、山嵐(やまあらし)が突然(とつぜん)、君先だってはいか銀が来て、君が乱暴して困るから、どうか出るように話してくれと頼...
日语文学作品赏析《坊っちゃん》(4)
七 おれは即夜(そくや)下宿を引き払(はら)った。宿へ帰って荷物をまとめていると、女房(にょうぼう)が何か不都合(ふつごう)でもございましたか、お腹の立つ事があるなら、云(...
日语文学作品赏析《坊っちゃん》(3)
五 君釣(つ)りに行きませんかと赤シャツがおれに聞いた。赤シャツは気味の悪(わ)るいように優しい声を出す男である。まるで男だか女だか分(わか)りゃしない。男なら男らしい声を...
日语文学作品赏析《坊っちゃん》(2)
三 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜(ずぬ)けた大き...
日语文学作品赏析《坊っちゃん》(1)
一 親譲(おやゆず)りの無鉄砲(むてっぽう)で子供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰(こし)を抜(ぬ)かした事がある。なぜそんな無闇...
查看更多