日语文学作品赏析《永日小品》
元日 雑煮(ぞうに)を食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。いずれも若い男である。そのうちの一人がフロックを着ている。着なれないせいか、メルトンに対して妙に遠慮する傾(かたむ)き...
日语文学作品赏析《博士問題の成行》
二月二十一日に学位を辞退してから、二カ月近くの今日(きょう)に至るまで、当局者と余(よ)とは何らの交渉もなく打過ぎた。ところが四月十一日に至って、余は図(はか)らずも上田万年(うえだかずとし)...
日语文学作品赏析《道草》
一 健三(けんぞう)が遠い所から帰って来て駒込(こまごめ)の奥に世帯(しょたい)を持ったのは東京を出てから何年目になるだろう。彼は故郷の土を踏む珍らしさのうちに一種の淋(さび)し味(み)さえ...
日语文学作品赏析《門》
一 宗助(そうすけ)は先刻(さっき)から縁側(えんがわ)へ坐蒲団(ざぶとん)を持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐(あぐら)をかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共...
日语文学作品赏析《坑夫》
さっきから松原を通ってるんだが、松原と云うものは絵で見たよりもよっぽど長いもんだ。いつまで行っても松ばかり生(は)えていていっこう要領を得ない。こっちがいくら歩行(あるい)たって松の方で発展し...
查看更多
日语文学作品赏析《『心』自序》
『心』は大正三年四月から八月にわたつて東京大阪両朝日へ同時に掲載された小説である。 当時の予告には数種の短篇を合してそれに『心』といふ標題を冠らせる積(〔つもり〕)だと読者に断わつたのであるが、...
日语文学作品赏析《『心』広告文》
自己の心を捕へんと欲する人々に、人間の心を捕へ得たる此作物を奨む。 声明:本文内容均来自青空文库,仅供学习使用。"沪江网"高度重视知识产权保护。当如发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权...
日语文学作品赏析《岡本一平著並画『探訪画趣』序》
私は朝日新聞に出るあなたの描いた漫画に多大な興味を有(も)っている一人であります。いつか社の鎌田君に其話をして、あれなりにして捨ててしまうのは惜しいものだ、今のうちに纏(まと)めて出版したら可...
日语文学作品赏析《猫の広告文》
吾輩は猫である。名前はまだない。主人は教師である。迷亭は美学者、寒月は理学者、いづれも当代の変人、太平の逸民である。吾輩は幸にして此諸先生の知遇を辱(〔かたじけの〕)ふするを得てこゝに其平生を...
日语文学作品赏析《木下杢太郎著『唐草表紙』序》
私は貴方(あなた)から送って下さった校正刷五百八十頁(ページ)を今日漸(ようや)く読み了(おわ)りました。漸くというと厭々(いやいや)読んだように聞こえるかも知れませんが、決してそんな訳ではな...
查看更多