日语文学作品赏析《琴のそら音》
「珍らしいね、久しく来なかったじゃないか」と津田君が出過ぎた洋灯(ランプ)の穂を細めながら尋ねた。 津田君がこう云(い)った時、余(よ)ははち切れて膝頭(ひざがしら)の出そうなズボンの上で、相馬...
日语文学作品赏析《虚子君へ》
昨日は失敬。こう続けざまに芝居を見るのは私の生涯(しょうがい)において未曾有(みぞう)の珍象ですが、私が、私に固有な因循(いんじゅん)極まる在来の軌道をぐれ出して、ちょっとでも陽気な御交際(お...
日语文学作品赏析《ケーベル先生の告別》
ケーベル先生は今日(きょう)(八月十二日)日本を去るはずになっている。しかし先生はもう二、三日まえから東京にはいないだろう。先生は虚儀虚礼をきらう念の強い人である。二十年前大学の招聘(しょうへ...
日语文学作品赏析《長谷川君と余》
長谷川(はせがわ)君と余は互に名前を知るだけで、その他には何の接触もなかった。余が入社の当時すらも、長谷川君がすでにわが朝日の社員であるという事を知らなかったように記憶している。それを知り出し...
日语文学作品赏析《余と万年筆》
此間魯庵(ろあん)君に会った時、丸善の店で一日に万年筆が何本位売れるだろうと尋ねたら、魯庵君は多い時は百本位出るそうだと答えた。夫(それ)では一本の万年筆がどの位長く使えるだろうと聞いたら、此...
查看更多
日语文学作品赏析《『心』予告》
今度は短篇をいくつか書いて見たいと思ひます、その一つ一つには違つた名をつけて行く積(〔つもり〕)ですが予告の必要上全体の題が御入用かとも存じます故それを「心(こゝろ)」と致して置きます。 声明:...
日语文学作品赏析《『三四郎』予告》
田舎(ゐなか)の高等学校を卒業して東京の大学に這入(はい)つた三四郎が新しい空気に触れる、さうして同輩だの先輩だの若い女だのに接触して色々に動いて来る、手間(てま)は此(この)空気のうちに是等...
日语文学作品赏析《『心』自序》
『心』は大正三年四月から八月にわたつて東京大阪両朝日へ同時に掲載された小説である。 当時の予告には数種の短篇を合してそれに『心』といふ標題を冠らせる積(〔つもり〕)だと読者に断わつたのであるが、...
日语文学作品赏析《『心』広告文》
自己の心を捕へんと欲する人々に、人間の心を捕へ得たる此作物を奨む。 声明:本文内容均来自青空文库,仅供学习使用。"沪江网"高度重视知识产权保护。当如发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权...
日语文学作品赏析《岡本一平著並画『探訪画趣』序》
私は朝日新聞に出るあなたの描いた漫画に多大な興味を有(も)っている一人であります。いつか社の鎌田君に其話をして、あれなりにして捨ててしまうのは惜しいものだ、今のうちに纏(まと)めて出版したら可...
查看更多