日语文学作品赏析《琴のそら音》
「珍らしいね、久しく来なかったじゃないか」と津田君が出過ぎた洋灯(ランプ)の穂を細めながら尋ねた。 津田君がこう云(い)った時、余(よ)ははち切れて膝頭(ひざがしら)の出そうなズボンの上で、相馬...
日语文学作品赏析《虚子君へ》
昨日は失敬。こう続けざまに芝居を見るのは私の生涯(しょうがい)において未曾有(みぞう)の珍象ですが、私が、私に固有な因循(いんじゅん)極まる在来の軌道をぐれ出して、ちょっとでも陽気な御交際(お...
日语文学作品赏析《長谷川君と余》
長谷川(はせがわ)君と余は互に名前を知るだけで、その他には何の接触もなかった。余が入社の当時すらも、長谷川君がすでにわが朝日の社員であるという事を知らなかったように記憶している。それを知り出し...
日语文学作品赏析《ケーベル先生の告別》
ケーベル先生は今日(きょう)(八月十二日)日本を去るはずになっている。しかし先生はもう二、三日まえから東京にはいないだろう。先生は虚儀虚礼をきらう念の強い人である。二十年前大学の招聘(しょうへ...
日语文学作品赏析《カーライル博物館》
公園の片隅に通りがかりの人を相手に演説をしている者がある。向うから来た釜形(かまがた)の尖(とが)った帽子を被(か)ずいて古ぼけた外套(がいとう)を猫背(ねこぜ)に着た爺(じい)さんがそこへ歩...
日语文学作品赏析《余と万年筆》
此間魯庵(ろあん)君に会った時、丸善の店で一日に万年筆が何本位売れるだろうと尋ねたら、魯庵君は多い時は百本位出るそうだと答えた。夫(それ)では一本の万年筆がどの位長く使えるだろうと聞いたら、此...
日语文学作品赏析《草枕》
一 山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。 智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。とかくに人の世は住みにく...
日语文学作品赏析《こころ》
上 先生と私一 私(わたくし)はその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚(はば)かる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。...
日语文学作品赏析《教育と文芸 明治四十四年六月十八日長野県会議事院において》
私は思いがけなく前から当地の教育会の御招待を受けました。凡(およ)そ一カ月前に御通知がありましたが、私は、その時になって見なければ、出られるか出られぬか分らぬために、直(すぐ)にお答をすること...
日语文学作品赏析《永日小品》
元日 雑煮(ぞうに)を食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。いずれも若い男である。そのうちの一人がフロックを着ている。着なれないせいか、メルトンに対して妙に遠慮する傾(かたむ)き...
loading...