日语文学作品赏析《露譯短篇集の序》
わたしの作品がロシア語に飜譯されると云ふことは勿論甚だ愉快です。近代の外國文藝中、ロシア文藝ほど日本の作家に、――と云ふよりも寧ろ日本の讀書階級に影響を與へたものはありません。日本の古典を知ら...
日语文学作品赏析《校正後に》
○僕はこれからも今月のと同じような材料を使って創作するつもりである。あれを単なる歴史小説の仲間入をさせられてはたまらない。もちろん今のがたいしたものだとは思わないが。そのうちにもう少しどうにかで...
日语文学作品赏析《小説作法十則》
一 小説はあらゆる文芸中、最も非芸術的なるものと心得べし。文芸中の文芸は詩あるのみ。即ち小説は小説中の詩により、文芸の中に列するに過ぎず。従つて歴史乃至伝記と実は少しも異る所なし。 二 小説家は詩...
日语文学作品赏析《世之助の話》
上 友だち 処でね、一つ承りたい事があるんだが。 世之助(よのすけ) 何だい。馬鹿に改まつて。 友だち それがさ。今日はふだんとちがつて、君が近々(きんきん)に伊豆の何とか云ふ...
日语文学作品赏析《文章と言葉と》
文章 僕に「文章に凝(こ)りすぎる。さう凝(こ)るな」といふ友だちがある。僕は別段必要以上に文章に凝つた覚えはない。文章は何よりもはつきり書きたい。頭の中にあるものをはつきり文章に現したい。...
日语文学作品赏析《或社会主義者》
彼は若い社会主義者だつた。或小官吏だつた彼の父はそのためにかれを勘当(かんだう)しようとした。が、彼は屈しなかつた。それは彼の情熱が烈しかつたためでもあり、又一つには彼の友だちが彼を激励したた...
日语文学作品赏析《文部省の仮名遣改定案について》
我文部省の仮名遣改定案は既に山田孝雄(よしお)氏の痛撃を加へたる所なり。(雑誌「明星」二月号参照)山田氏の痛撃たる、尋常一様の痛撃にあらず。その当に破るべきを破つて寸毫の遺憾を止めざるは殆どサ...
日语文学作品赏析《文学好きの家庭から》
私の家は代々お奥坊主(おくぼうず)だったのですが、父も母もはなはだ特徴のない平凡な人間です。父には一中節(いっちゅうぶし)、囲碁、盆栽、俳句などの道楽がありますが、いずれもものになっていそうも...
日语文学作品赏析《或旧友へ送る手記》
誰もまだ自殺者自身の心理をありのままに書いたものはない。それは自殺者の自尊心や或は彼自身に対する心理的興味の不足によるものであらう。僕は君に送る最後の手紙の中に、はつきりこの心理を伝へたいと思...
日语文学作品赏析《僕の友だち二三人》
1 小穴隆一(をあなりゆういち)君(特に「君」の字をつけるのも可笑(をか)しい位である)は僕よりも年少である。が、小穴君の仕事は凡庸(ぼんよう)ではない。若し僕の名も残るとすれ...
loading...