日语文学作品赏析《虱》
一 元治(げんぢ)元年十一月二十六日、京都守護の任に当つてゐた、加州家の同勢は、折からの長州征伐に加はる為、国家老(くにがらう)の長大隅守(おほすみのかみ)を大将にして、大阪の安治川口(あ...
日语文学作品赏析《仙人》
この「仙人」は琵琶湖(びはこ)に近いO町の裁判官を勤めてゐた。彼の道楽は何よりも先に古い瓢箪(へうたん)を集めることだつた。従つて彼の借りてゐた家には二階の戸棚の中は勿論(もちろん)、柱や鴨居...
日语文学作品赏析《伊東から》
拝啓。小生は、元来新聞の編輯に無経験なるものに御座候(ござさふら)へども文芸上の作品は文芸欄に載(の)るものと心得居(を)り候。然るに四月十三日の時事新報(静岡版)は文芸上の作品を文芸欄以外に...
日语文学作品赏析《運》
目のあらい簾(すだれ)が、入口にぶらさげてあるので、往来の容子(ようす)は仕事場にいても、よく見えた。清水(きよみず)へ通う往来は、さっきから、人通りが絶えない。金鼓(こんく)をかけた法師(ほ...
日语文学作品赏析《滝田哲太郎氏》
滝田君はいつも肥っていた。のみならずいつも赤い顔をしていた。夏目先生の滝田君を金太郎と呼ばれたのも当らぬことはない。しかしあの目の細い所などは寧ろ菊慈童にそっくりだった。 僕は大学に在学中、滝田...
日语文学作品赏析《孤独地獄》
この話を自分は母から聞いた。母はそれを自分の大叔父から聞いたと云つてゐる。話の真偽は知らない。唯大叔父自身の性行から推して、かう云ふ事も随分ありさうだと思ふだけである。 大叔父は所謂(いはゆる)...
日语文学作品赏析《邪宗門》
一 先頃大殿様(おおとのさま)御一代中で、一番人目(ひとめ)を駭(おどろ)かせた、地獄変(じごくへん)の屏風(びょうぶ)の由来を申し上げましたから、今度は若殿様の御生涯で、たった一度の不...
日语文学作品赏析《夢》
夢の中に色彩を見るのは神経の疲れてゐる証拠であると云ふ。が、僕は子供の時からずつと色彩のある夢を見てゐる。いや、色彩のない夢などと云ふものはあることも殆(ほとん)ど信ぜられない。現に僕はこの間...
日语文学作品赏析《槍ヶ嶽紀行》
一 島々(しま/\)と云ふ町の宿屋へ着いたのは、午過ぎ――もう夕方に近い頃であつた。宿屋の上(あが)り框(かまち)には、三十恰好(がつこう)の浴衣の男が、青竹の笛を鳴らしてゐた。 私(わたし)...
日语文学作品赏析《桃太郎》
一 むかし、むかし、大むかし、ある深い山の奥に大きい桃(もも)の木が一本あった。大きいとだけではいい足りないかも知れない。この桃の枝は雲の上にひろがり、この桃の根は大地(だいち)の底の黄...
loading...