沪江

日本民间故事:吉四六和猫

mitikoko译 2014-09-27 06:00

本文由论坛翻译社供稿。让翻译成为乐趣!让思考成为习惯!快来加入>>

むかしむかし、きっちょむさんと言う、とんちの上手な人がいました。

在很久很久以前,有一个非常爱耍小聪明的人叫吉四六。

ある朝の事、きっちょむさんは朝ご飯を食べようとご飯を用意したのですが、今日はお金がないのでおかずがありません。

有一天早上,吉四六要吃早餐,做了米饭,可是因为穷,所以连菜也没有。

おかずのないご飯というのは、さみしいものだな。ぜいたくは言わないが、焼き魚の一つも食べたいものだ。何とかして、魚を手に入れる方法はないだろうか?」

“没有下饭的菜,好苦逼哦。也不用太奢侈,起码来条烤鱼吧。怎么才能有鱼吃呢?”

そう考えたきっちょむさんは、ふと、この村の金持ちのだんなが大の猫好きなのを思い出しました。

想着想着,吉四六突然想起来村子里有个有钱的大老爷是个非常喜欢猫的人。

「そう言えば、そろそろだんなが散歩でこの家の前を通る時間だな。…だんなは、猫が好き。…猫は、魚が好き。…そしてわしは、魚が食べたい。よしよし、こいつはいけるぞ。」

“这么说起来,这个时候,大老爷散步也差不多该到我家门前了。……大老爷喜欢猫,……猫喜欢鱼,……然后我想吃鱼。不错不错,这样能行!”

名案を思いついたきっちょむさんは空の皿を一枚用意すると、近所に住んでいるノラ猫を一匹連れて来ました。

想到好办法的吉四六准备了一个空的碟子,然后带了一只住在附近的野猫回来。

そして金持ちのだんながきっちょむさんの家の前を通りかかったのを見計らって、きっちょむさんは連れて来たノラ猫を大声でしかり始めたのです。

然后估计着大老爷从门前经过的时间,吉四六就开始大声训斥起带回来的那只野猫。

「この猫め!よくも、大切な魚を盗みよって!お前の様な泥棒猫は、こうしてくれるわ!えい!えい!えい!」

“你这该死的猫!我叫你偷吃我心爱的鱼!像你这样的偷腥的猫,我就该弄死你我叫你偷!我叫你偷!我叫你偷!”

その声にびっくりした金持ちのだんなは、あわててきっちょむさんの家の戸を叩きました。

听到声音的大老爷吓了一跳,急忙跑过去敲吉四六家的门。

「きっちょむさん、どうしたんじゃ?!猫が、猫が何かしたのか?!」

“吉四六,出什么事了?猫,猫干什么了?”

するときっちょむさんは、金持ちのだんなに空の皿と猫を見せて、「どうしたもこうしたも、この猫が、わしの大切な魚を食ったんだ!せっかくの、朝ご飯のおかずが!泥棒猫め、こうしてくれるわ!」

于是,吉四六就把空的碟子和猫给有钱的大老爷看,“反正,这该死的猫把我心爱的鱼吃掉了!好不容易的我早餐不是米饭拌饭了啊!活该!这只臭贼猫!”

と、まっ赤な顔で猫をなぐりつけようとするので、猫がかわいそうになった金持ちのだんなは大あわてできっちょむさんを止める。
 

说完,涨红着脸作势要去打那只猫,大老爷觉得猫太可怜了,急急忙忙地过去阻止吉四六。

と、「待て待て、そんなに猫をしかってはかわいそうじゃ。取られたのは、魚だな。よし、すぐに戻って来るから、ちょっと待っておれよ。」

“等一下,等一下,这样子骂它多可怜那。就是吃了你条鱼是吧,那我马上回来,你等我一下。”

と、さっそく市場まで魚を買いに行って、その魚をきっちょむさんの空の皿にのせてやりました。

话音刚落,大老爷就立马跑到市场去买鱼回来,然后把鱼放在吉四六的空碟子上。

「きっちょむさん。今日のところは、どうかこれで猫を許してやってくれ。」

“吉四六,今天就饶了这猫吧。”

それを聞いたきっちょむさんは、「うーん。まあ、だんながそう言うのなら」。

听了大老爷的话,吉四六就说“嗯,那好吧,既然大老爷都这样说了。”

と、猫を逃がしてやりました。

 就把猫放走了。

さて、金持ちのだんなが帰ってしまうと、きっちょむさんは家の裏口からさっきの猫を呼び入れて、手に入れた魚を半分に切って渡しました。

之后,等有钱的大老爷回去之后,吉四六从自家后门把刚刚的那只猫叫回来,把到手的鱼切了一半给它。

「よしよし、お前のおかげで、おかずが手に入ったわい。これは、お礼だよ」

“很好很好,托你的福才能拿到这鱼。这是回礼哟。”

おしまい

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关推荐:

日语美文阅读(民间故事):鸡的屁

展开剩余